遺産相続の順位必要な書類自分たちで出来る?相続放棄の手続

遺産相続の順位とは


亡くなった方の事を被相続人と言い、亡くなった方が残した遺産を受け取る人の事を相続人と言います。
ですが一生の中で相続人という立場に立つといった機会はなかなかないと思います。
そのため、あまり遺産や相続の事に関して内容を理解していなかったり、わからないままにしてしまうといった方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回ご紹介したいのは、遺産相続をする時には、優先順位が定められているということをお話したいと思います。

相続の優先順位というものが決まっていて、その相続順位に従って遺産相続が決定していくことになります。
ですが、配偶者という立場になる人に対しては、相続順位に関係なく相続人になる事が決まっています。

では、相続人の第1順位となる人は、被相続人の直系卑属となる人です。
被相続人の子供や養子、内縁関係の間にいる子供、相続人の孫、被相続人の曾孫といった関係にある人たちが相続第1順位となります。
この順番からいくと、子供→孫→曾孫といった流れになります。
例えば、ここで子供が亡くなっていた場合は孫へ、また孫も亡くなっていた場合は曾孫へと相続の権利があります。
ひとつにまとめると、被相続人に最も近い世代の人が遺産を相続することとなるわけですね。

次に、相続第2順位となる人は、被相続人の直系尊属となる人です。
被相続人に子供や孫、ひ孫がいなかったとします。
その時には、被相続人の父母が遺産相続をすることになります。
父母が亡くなっている場合には、祖父母という流れになってきます。

そして第3順位となるのは、兄弟姉妹そしてその子供となります。
順位的に誰もいない状態の場合は、被相続人の兄弟や姉妹が相続人となります。
その中でも兄弟や姉妹が亡くなって、その子供がいた場合は、相続権利は子供へとなります。
ここまでくると、甥や姪までが相続権利を受けとることができる可能性があるということですよね。

こうやって、まとめて相続順位の流れをみてみると、奥が深いものといったことが改めてわかりました。
中途半端に理解しておかずに、しっかりと誰に相続権利が行きわたるものなのか、前もって確認しておきましょう。