総合栄養食

ドッグフードにまつわる4Dって何?

ドッグフードについてまつわる言葉で4Dという言葉があります。
4Dはドッグフードを知っている人や愛犬にいつも与えている人であっても知らないという人もいます。
そこで4Dという言葉を少し説明してみましょう。

4Dは正式には4Dミートと呼ばれることがあります。
4Dとはどういった意味かというと、DEAD(死亡した動物の肉)、DISEASED(病気だった動物の肉)、DYING(死にかけだった動物の肉)、DISABLED(障害のあった動物の肉)となります。
これらの頭文字に注目してみると、Dの文字が共通していることがわかります。

そこで4Dミートと呼ばれるようになりました。
こうした肉を使ったドッグフードを愛犬に食べさせたいと思いますか?絶対に食べさせたくないはずです。
しかし、こうした肉は人間の口に入るわけではなく、ペットフードに回っていくことがあるのです。

もう使えないような4Dミートが格安でペットフードとして利用されていたということを知ると、どんな人でも憤りを感じることがあります。
激安のドッグフードが売られていたとしたら、もしかしたら、4Dミートの可能性があるのかもと疑ってください。
4Dミートは実は普通に売られていることがあります。

そして、ドッグフードに知識のある人なら絶対に買わない商品だといえるでしょう。
4Dミートを買わない方法は、まずは値段が激安のものを選ばないことです。
他には値段が通常のものと変わらなくても、原材料の記載を見て、肉類とだけ表記されていてはっきりとしない表現だったとしたら、4Dミートを使ったドッグフードの可能性があります。

そうしたドッグフードは絶対に買わないようにしてください。
きちんとした肉を使っている場合は、ラム肉や牛肉、鶏肉といった個別の肉の記載になっているはずです。
このように、4Dミートという言葉も、知っている人と知っていない人とでは大きな違いがあります。
知ったあなたは賢い消費者といえるでしょう。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.