総合栄養食

ドッグフードで安全基準の厳しい国はどこ?

ドッグフードは日本製のものだけではありません。
外国製のものもたくさん出回っています。
もともとドッグフードは外国製のものが多く、輸入される数も今もたくさんあります。

日本製のドッグフードは、ペットフード安全法といった法律ができたことにより、より安全なドッグフードを市場に提供できるようになりました。
もともとこの法律もアメリカのペットフードの安全基準の見直しから生まれたものです。
そのため、日本のペットフードはアメリカの安全基準が元になっているといえるでしょう。

アメリカのドッグフードをみてみると、アメリカはペットフードの先進国として知られています。
日本で売られているドッグフードでも、有名なドッグフードはほとんどがアメリカ製のものになっています。
アメリカのペットフードは、獣医との連携もあり、その研究もとても進んでいます。

アメリカのペットフードは、栄養のバランスも含めて犬にとってのおいしさを追い求めたものになっているので、日本のドッグフード市場でもとても人気があるということです。
もちろん、ドッグフードを含めたペットフードの安全性でも世界で一番だとされています。
法律に関しても積極的な整備を行っているとともに、栄養素の基準も世界一とも言われています。

日本のペットフード業界も、アメリカの基準んい見習っています。
日本では日本独自の基準も設定されています。
アメリカの基準では引っかからないような、添加物の基準でも日本では引っかかることがあるなど、日本でも人間と同じようにペットの体や健康の安全性を考えた厳しい基準を作るようになっています。
そのため、アメリカや他のヨーロッパ諸国と同じようなドッグフードの安全基準になりつつあるといえます。
ペットフードに関しての日本の安全基準が遅れているわけではありませんが、ペットフードの安全性について考えるようになったのは、意外とつい最近の話であることは頭に入れておいてください。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.