総合栄養食

ドッグフードのアレルギーってあるの?

愛犬の健康には気を使っていますか?犬はいつも元気ですが、ごくまれに元気がなくなったりします。
また、鼻の頭が乾いていると病気の知らせだということもあります。
このように犬はものをいいません。

そして、一番側にいるのが飼い主のあなたなのです。
愛犬の調子がいつもと違っておかしかったら、すぐに様子をチェックして動物病院へ行くなどの行動を起こすようにしてください。
さて犬の病気でも人間の病気でもアレルギーのよるものがあります。

あるドッグフードを食べさせていると、どうも犬の調子が悪くなってしまった、という経験はありませんか?それがドッグフードによるものだとしたら、ちょっと怖い気もします。
あるドッグフードを食べさせると皮膚がただれてきて毛が抜けるような症状が出てきたら、ちょっと注意信号です。
これは犬の体が危険信号を発しているものと考えてください。

犬は話をしないので、体に症状が現れてきたときには、とても危険な状態になっています。
安価なドッグフードは、化学合成添加物が入っていることがあり、この添加物は毒性が強いものだと、犬の皮膚などに過剰に反応するようになります。
これが犬のアレルギー症状の原因となっているものです。

こうしたアレルギー症状が出たら、まずは獣医に見てもらうのが一番ですが、多くはドッグフードが原因となっているようです。
そんなときは、愛犬に低アレルギーのドッグフードを選んであげるか、手作りで食事を作って与えるようにしてください。
そして、アレルギーの原因となる食材を探すようにしましょう。

動物病院へ連れて行くのも一つの方法ですが、ドッグフードなどの食事が一番の鍵となっていることがあります。
アレルギーの問題は食材の問題にもなりますので、愛犬の苦手な食材を特定してなるべくそうしたドッグフードを与えないように気をつけてください。
愛犬の調子を知るのは飼い主のあなただけです。
いつも、気を使ってあげるようにしてください。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.