総合栄養食

脱水タイプのドッグフード

ドッグフードのいろいろなタイプのものを探しているとしたら、ドライタイプのものが一番目に付きます。
ドライタイプのものは、量も多く日持ちもします。
そして、値段も安いものがほとんどです。

他にはウェットタイプのものがありますが、こちらは犬の嗜好にも合っているので、えさとして与えると喜んで食べる犬がほとんどです。
しかし、水分が多いので栄養素が少なくなってしまうのが難点です。
ドッグフードは、与えすぎると栄養が多すぎて偏ってしまうことがあります。

犬の場合は栄養が多すぎると、太ってきたり、病気になることがあるので注意しましょう。
そう考えると他にいいドッグフードはないのかなと考えてしまいます。
そこで脱水タイプのドッグフードも存在しています。

最近販売されているドッグフードには、これまでのものに加えて、冷凍タイプのものやフリーズドライタイプのものも登場しています。
これらの特徴は加工するときに組成栄養分が破壊されるのを防ぐようになっています。
つまり、栄養素のたっぷりと詰まったドッグフードになっているということです。

同じように脱水タイプのドッグフードは、そのままで愛犬に与えるわけではありません。
脱水タイプのドッグフードにお湯をかけて与えます。
見た目からするとドライタイプのものと変わりないような気がしますが、お湯をかけてやわらかくすることで匂いや温かい食事になるため、愛犬が好んで食べるようになります。

ドライタイプのものにお湯をかけると味が悪くなるので、温かいえさや柔らかいドッグフードを食べさせたいときは、お湯をかけることが前提になっている脱水タイプのドッグフードを買うようにしてください。
ドッグフードは、細かく分類されていますので、何でもいいというわけではありません。
それぞれの種類の特性をよく知った上でドッグフードを購入するようにしましょう。
きっと愛犬も喜んでくれるはずです。
愛犬が食べ残ししないで食べる姿をみるととても微笑ましくなることでしょう。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.