総合栄養食

ドライタイプのドッグフード

ドライタイプのドッグフードは、ドッグフードの中でも一番よくみかけると思いますが、犬のえさとして最も多く販売されています。
そして、ドッグフードの中では値段も安く手ごろなものが多いため、毎日の食事としてドッグフードを出している家庭もあります。
ドライタイプのドッグフードの特徴は、水分が少ないというところと栄養のバランスに優れた成分のものが多く、毎日食べるドッグフードとしてとても便利なものです。

ただ、化学薬品や防腐剤などが多量に含まれていないか、内容物を確認して買うようにしてください。
また、ドライタイプとして固くてカリカリとした食感がありますので、犬が食べるときに、しっかりとあごを使います。
あごを使ったほうが、犬の健康にもよく同時に歯石を取り除くなど、値段の安いドッグフードとしては、よい点が多いといえます。

ただ、あまりにも安い値段のものを選ぶと、ドッグフードに含まれている成分がよくない場合があります。
犬の健康のことを考えるとあまり安いものを選ばないようにしてください。
ドライタイプのドッグフードを与えるときは、愛犬の年齢のことを十分考えてください。

愛犬が0歳から1歳までの場合は、子犬用のものを与えるようにしてください。
子犬用のドッグフードは実は栄養価が高い成分が含まれているため、そのまま与え続けていると、愛犬が太ります。
そこで、1歳を過ぎたころから成犬用のドライフードに切り替えるようにしましょう。

その後は、成犬用のドライフードで十分ですが、8歳を過ぎたころから、高齢犬用のものに切り替えましょう。
高齢犬のものはさらに栄養分や脂肪分を抑えています。
このように、ドライタイプのドッグフードは、毎日の愛犬の食事としてはぴったりですが、年齢や量などに気をつけて与えるようにしましょう。
ドッグフードそのものには、栄養分がしっかりと含まれていますので、与えすぎなどには注意してドッグフードを与えるようにしてください。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.