総合栄養食

ドッグフードに含まれている栄養素

ドッグフードを買うときに、その内容にまで気を配ったことはありますか?犬の写真やおいしそうに食べている絵を見て、なんとなくドッグフードを買ってしまうこともあります。
ドッグフードのことをよく知らない人は、イメージで選ぶことが多いようです。
ドッグフードなんてどれも同じだと思っている人は安い値段をものを探して、買いだめをしている場合もあります。

しかし、そんなドッグフードの買い方をしていては、愛犬がかわいそうです。
ドッグフードに含まれる栄養素についてもよく勉強してみてください。
犬にとって大事な栄養素は、タンパク質になります。

それも人より多くのアミノ酸をタンパク質から摂取する必要があるのです。
そのため、犬の場合は動物性タンパク質を中心に採りいれることで、タンパク質を吸収します。
このように犬のドッグフードは、穀物ではなく肉類のものが多く含まれているほうが、タンパク質やアミノ酸を取り込みやすいということになります。

そこでドッグフードの包装を手にとって、表や裏を見てどんな原材料が入っているのか確かめるクセをつけておきましょう。
ドッグフードの包装にある記載内容でトウモロコシや小麦などが先に記載されているときは、そのドッグフードは植物性のタンパク質を多く含んでいることになります。
犬にとって穀物中心のドッグフードがどうしてだめなのかというと、犬は炭水化物の消化が苦手だからです。

そして、犬にとっては穀物に多く含まれる炭水化物はほとんど必要ないというのが定説です。
そのため、ドッグフードでは肉類が多く含まれているほうが、犬にとっての栄養素もしっかりと含まれているのです。
愛犬も肉のほうが好きなはずです。

犬は本能に近い状態で生きているので、肉を見ると飛びついてでも食べようとします。
こうしてみると、ドッグフードの栄養素も面白く感じることでしょう。
犬も体に必要なものを欲しているから、肉類中心の食事を欲しがるというわけです。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.