総合栄養食

ドッグフードの選び方のコツ

食べ物に気をつけているという人はたくさんいます。
自分のペットのことはどのくらい考えていますか?
値段の安いドッグフードを毎日あげていると、愛犬もそのうち飽きてしまいます。
食べ物は毎日違うものを食べたいと思うのは、人間だけではなくペットや犬もそうなんです。

そこでドッグフードの選び方のコツをお伝えしましょう。
ドッグフードはよくスーパーなどでたくさん売られており、その種類もたくさんあって、選ぶのに迷ってしまいます。
特に犬のドッグフードに関してはその種類や数などもどんどん新しいものが増えてきています。

まずはドッグフードの大まかな分類から考えてみましょう。
ドッグフードの水分量で分ける考え方があります。
ドライタイプ、ウェットタイプ、半生タイプといった種類に分かれます。

もっと細かく分かれますが、実際にはこの3種類を知っていればいいでしょう。
ドライタイプのドッグフードは一番よく売られています。
水分は10%以下になっており、栄養素も多く詰まっています。

また、犬の歯の健康にもよいとされており、虫歯の予防にもつながります。
ウェットタイプのドッグフードは、80%以下の水分を含んでおり、味や風味などが本物に近く犬が好みやすいドッグフードになっています。
ところが、ウェットタイプのドッグフードは、水分が多いため必要な栄養素が少ないということや、歯垢が歯につきやすいなどのデメリットもありますので、たくさん与えすぎないように注意しなければなりません。

半生タイプのドッグフードは、水分量は40%以下になっています。
半生タイプのドッグフードはドライタイプとウェットタイプの中間的な存在です。
半生タイプのものは、柔らかく風味もあって犬も大好きなドッグフードですが、お湯で柔らかくして与えたりとさまざまな食べ方ができるのも大きな特徴です。
ドッグフード選びは、愛犬の健康のためだと考えて、今度お店に行ったときには、成分や内容をよくみて買いましょう。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.