総合栄養食

半生タイプのドッグフード

愛犬のドッグフードに気を使っていますか?ドッグフードにはいろいろな種類があります。
よく見かけるのがドライタイプのものですが、半生タイプのものもよく使われています。
水分量も10%から30%程度になっていて、粒状になっているものです。

半生タイプのドッグフードは、ウェットタイプのドッグフードと同じように腐敗防止のための添加物が入ってることがあります。
半生タイプのドッグフードは、ドライタイプのドッグフードと同じように袋詰めになっています。
そのため、保存性に関しては、缶詰タイプのものに比べるとかなり落ちてしまいます。

半生タイプのドッグフードは、滅菌加工できないこともありますが、水分を含んでいるため、防腐剤を入れて日持ちさせているということになります。
半生タイプのドッグフードの食感は、しっとりとしていて柔らかいものです。
こうしたドッグフードは、子犬や老犬に与えてやると、大変喜んで食べるようになります。

犬の嗜好性としては、ドライタイプよりも水分を含んだタイプのドッグフードを好みます。
そのため、半生タイプやウェットタイプのドッグフードをよく食べるということです。
ドライタイプのドッグフードを毎日与えていると、食欲のないときがあったり、食べ残しをすることがあります。

そんなときは、半生タイプのドッグフードをたまに与えてやるようにしましょう。
半生タイプなどの水分量を含んだドッグフードに人気がある理由は、匂いや香料などが犬の好みに合ったものが多く、大変おいしい風味がする点にあります。
ドライタイプのものと同じくカロリーが高くなっています。

あまりたくさん与えすぎないようにしましょう。
半生タイプのドッグフードは、水分を少し含んでいるので、開封後は早め早めに使い切るようにしましょう。
そのまま置いていると、虫がついてしまったり、乾燥して固くなって香りや風味が落ちてしまうことがあります。
消費期限などにもしっかりと目を通して購入してください。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.