総合栄養食

ドッグフードにも穀物は必要?

穀物は人間にとってはとても大切な食べ物です。
人間は小麦やお米などをよく食べます。
むしろ、主食にしているといってもいいでしょう。

ところが犬の場合はそうではないようです。
ご飯などの穀物よりも肉類を好みます。
雑食の犬もいますが、基本的には食欲に負けてしまい食べられるものであれば、何でも食べてしまうことが多くなります。

ところでドッグフードに穀物は必要なのでしょうか?栄養のバランスからすると、穀物も肉類も両方食べたほうがいいと思うかもしれません。
ところが犬にとってはそうではありません。
犬が一番必要とする栄養素はタンパク質とされていて、人よりも多くの種類の必須アミノ酸をタンパク質から摂取することになります。

そして、植物性タンパク質ではなく動物性タンパク質からアミノ酸を摂取するほうがいいわけです。
これは犬の消化器官の問題にあります。
犬は植物性タンパク質の消化が得意ではないのです。

ドッグフードには、穀物も肉類も両方含まれていることがほとんどです。
消化の悪い穀物をなぜ原材料に使っているのかは謎です。
犬にとってはあまり必要ではない植物性タンパク質を含んでいると逆に体に悪いのではないかと思ってしまいます。

しかし、そこはドッグフードを製造する側の問題もあります。
肉類ばかりをつかっているとどうしてもコストが上がります。
そこで必要な栄養素が含まれているなら、内容を少し増やして穀物を入れておくわけです。

すべて肉類ばかりで構成されるドッグフードは、高価なだけではなく、余分な栄養素までも入っていることがあります。
栄養の多すぎるドッグフードで余分な栄養素を毎日食べていると肥満になったり、病気を引き起こすことがあるのです。
このように、不要な気もする穀物ですが、ドッグフードでは意外な使い方をされているということです。
愛犬の健康を考えるのなら、適切な量のドッグフードが最も効率よく栄養素を吸収できるということになります。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.