総合栄養食

ドッグフードに使われている肉骨粉って?

愛犬のドッグフードを選ぶときに、ドッグフードの成分内容に気をつけて選んでいるでしょうか?
もし何も気にしていない人は少し気をつけるようにしてください。
平成21年に愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律が施行されています。
これはペットフード安全法とも言われています。

実はペットフード安全法が出てくるまでは、ペットフードに関する法律は全くありませんでした。
それまでペットフードにも使われていたのが、肉骨粉でした。
肉骨粉は牛に使用することは禁止されています。

しかし、ペットフード安全法でも肉骨粉を禁止しているわけではないのです。
肉骨粉は、牛、豚、鶏の食用肉以外の部分のくず肉、脳、骨、内臓などを加熱処理し乾燥させて粉末にしたものになっています。
ここで問題なのは、ペットフードに含まれているのが、犬や猫の皮や爪なども含まれている可能性があり少し注意が必要です。

肉骨粉はいろいろなものがごちゃ混ぜになっているため、必ずしも愛犬に悪影響を与えるのかどうかわかりません。
ペットフード安全法では、メラミンといった有害物質は明らかに悪影響をもたらすために禁止されています。
ところが、肉骨粉はグレーの部分があるために、完全に禁止されているわけではないのです。

犬や猫の死体からとった肉骨粉は、もしかしたら、病気のものだったのかもしれません。
また、事故死した犬や猫を使っているなら、なんとなく気分の悪い場合もありますし、いくら熱処理をしてから肉骨粉が作られているからといっても、自分の愛犬に与えるのは体によくないと考えるべきでしょう。
ドッグフードを買うときは、記載されている成分内容を見て肉骨粉が含まれているドッグフードは念のために避けたほうがいいのかもしれません。
狂牛病問題では、人間に悪影響を及ぼすかもしれないということで、肉骨粉の使用が禁止された事例もあります。
心配なら購入しないというのが、一番よい方法といえるのかもしれません。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.