総合栄養食

ドッグフードに使われている農薬・添加物を知る

何気なく毎日愛犬にあげているドッグフードについてよく考えたことはありますか?
ドッグフードは全てが安全なものばかりではありません。
日本ではペットフード安全法が施行されていますが、そうした規制もペットの安全からつい最近になってやっと成立してきたものです。
ドッグフードの成分を見てみると、原材料は全て記載されていますが、農薬や添加物などが含まれているのかどうかまではわからないことがあります。

また、海外製のものと日本製のものとでは、成分の違いもあります。
農薬の面を考えると穀物では、米や小麦、とうもろこしは主な原材料になります。
質の悪いドッグフードには農薬が含まれている場合があり注意が必要です。

ドッグフード検査の基準はそれほど厳しくないので、農薬が添加されていても基準値以下だとすると問題ないとされ、普通にスーパーやペットショップなどで売られています。
添加物についても先ほど書いたように、ペットフード安全法により全ての原材料名を記載することが義務付けられています。
そのため、ある程度の添加物の種類を知ることはできます。

ドッグフードは味の色を分けているものがありますが、これは着色料というものです。
着色料は石油が原料になっています。
ドッグフードに石油が原料の着色料を使っているというのは、とても驚くことですが、犬にとってとても危ない成分です。

着色料のたくさん入ったドッグフードをあげすぎないように注意してください。
他に保存料や酸化防止剤などの添加物が入っていることがありますが、これも犬の健康にはよくないとされています。
しかし、添加物の入っていないドッグフードは、その数も少なくどうしてもそうしたドッグフードを使わざるを得ないものです。
ただ、フリーズドライなどの製品や無添加のドッグフード、オーガニックドッグフードなどを食べさせたり、できるだけ手作りの食事を提供してあげることで、愛犬の健康を良好に保つ工夫が必要です。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.