総合栄養食

オーガニックのドッグフードとは

毎日の愛犬の食事にはドッグフードを与えていると思いますが、犬の嗜好に合わせてその種類もいろいろとあります。
人間と同じで犬も毎日同じものを食べていると飽きてしまいます。
そこで違う種類のものや主食を補うドッグフードなども存在しているわけです。

ところで、一般に販売されているドッグフードは、製造コストを抑えています。
これは仕方のないことですが、材料にはあまり質のよくない肉類や農薬を使った穀物、そして、添加物などが加えられています。
これは犬だからといって食べさせていいものではありません。

安価なドッグフードは、質の悪いものがありますので、あまりにケチって安物のドッグフードを買って、愛犬に与えていると病気になってしまうこともありますので、注意してください。
犬が食べるからといって、香料や保存料、酸化防止剤などの人工の添加物がたくさん入ったドッグフードは危険です。
保存料であっても、天然のものを使うほうがいいということは間違いありません。

肉についても人間が食べられないような品質の悪いものでは、犬がかわいそうです。
そんなときに試して欲しいのが、オーガニック、つまり有機農法で作られたドッグフードです。
野菜や穀物はできるだけ農薬を使わないものを使用することで、愛犬の健康をずっと保つことができます。

毎日食べるものだからこそ、気をつけたいものです。
野菜や穀物以外にもオーガニックのものは存在します。
オーガニックドッグフードでは、鶏肉も鶏の飼料に化学物質が含まれていないかをしっかりとチェックしたものを選ぶことができます。

オーガニックドッグフードはその値段も少し上がりますし、天然自然の材料がより犬の好みに合っているので、愛犬も好んで食べることが多いようです。
ドッグフードであっても、人間の食べるものと同じようなこだわりを持つと愛犬への愛着もわいてきます。
それが愛犬にも伝わるととてもハッピーなペットライフを送ることができるのだといえます。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.