総合栄養食

ドッグフードの成分の見方

ドッグフードの中味を考えて買う人は少ないかもしれません。
それもそのはずでドッグフードの成分を見ても横文字だらけで、栄養士や理系の人でなければ、わからないことが多いのも事実です。
ペットフードの成分を知ろうと思うと少しだけ知識を入れるために勉強してみましょう。

ドッグフードはペットフード安全法が出来たおかげで、有害物質の使用を規制されるようになりました。
ペットフード安全法で規制されている有害物質には、アフラトキシンB1というものがあります。
この物質は最も強い発がん性物質とされています。

人の場合はまったく検出されてはいけないものです。
しかし、ペットフード安全法では、定める量を超えて含まれてはいけないということが定められており、完全に検出されてはいけないものだとされていないのです。
このようにドッグフード安全法は人の食品に比べても、若干甘い基準になっているので、少し注意したほうがいいでしょう。

できれば、人と同じ基準にしたほうがいいと思うのですが、その理由は日本の基準と違って、海外の基準に合わせているからです。
海外のドッグフードを輸入していることが多いので、どうしても海外の基準に合わせざるを得ないということになります。
海外の基準では問題ない食品添加物でも日本の食品では検出されてはいけないものもあります。

しかし、ペットフードではきちんとそうした食品添加物の記載があり、実際に検出されるものを食べている愛犬もたくさんいます。
日本で製造されたものなら、メーカー独自の基準に合った厳しい数値を使って検査をしているところもあります。
そうした自主的な基準を設けているメーカーのペットフードを買うのもいいでしょう。
例えば、ホームページや自社の情報などを積極的に公開して、人と同じ成分の基準を設けて検査していることをアピールしている会社もあります。
みんな同じように見えるドッグフードでも成分をよく見ると、大きな違いがあることに気づきます。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.