総合栄養食

ドッグフードの消費期限

ドッグフードもそのおいしさや新鮮さに消費期限があります。
犬のえさだからといって、消費期限を過ぎたものを与えていては、愛犬がかわいそうですし、病気になることもあります。
ただ、ドッグフードには消費期限に関しての厳しい基準が存在していないのも事実です。

また、ドッグフードは人間の食べるものではありません。
そのため、人間の食べ物には使われていない保存料や添加物が多く使用されていることもあり、消費期限が切れて古くなったものをそのまま与え続けていると、愛犬の体に悪影響を与えることは確実です。
ドッグフードの消費期限は一年以上のものもあります。

ところが、その基準があいまいなために本当に一年以上も食べさせ続けていいのかどうかは疑問だといえます。
ドッグフードを消費期限を長持ちさせるために、たくさんの添加物が使われています。
特に缶詰のウェットドッグフードや半生タイプのものにその傾向が強く出ています。

缶詰タイプのドッグフードは、腐敗や見た目のよさを保つために添加物を使っていることが多く、犬の体にもよくありません。
そのため、ウェットタイプのドッグフードを買うときは、内容をよく確認して添加物が大量に入っているものは避けるようにしてください。
保存期間の長いドッグフードは、ドライタイプのドッグフードです。

ドライタイプのドッグフードは、水分が少なくなっています。
そのため、雑菌が繁殖しにくく、カビも発生しにくくなります。
一度開封したドッグフードであれば、容器を移し変えるなどして、できるだけ湿気に触れないように工夫して保存するようにしましょう。
ドッグフードの安売りをしていたから、たくさん買い込む人もいますが、ドッグフードは鮮度が大事です。
消費期限の短いドッグフードのほうが、よけいな添加物を使っていないものが多いので、まめにスーパーやペットショップなどでドッグフードを買っていくほうが愛犬の健康のためにはよいことなのです。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.