総合栄養食

手作りのドッグフードを作ろう

農薬や添加物の入ったドッグフードというのは、今も相当な数のものが販売されています。
法律で規制されたためにかなり少なくなってきましたが、完全に無農薬や無添加のドッグフードというのは、数も少なく少し値段も上がります。
愛犬に毎日食べさせるには、なかなか手の出ないドッグフードといえるのかもしれません。

ドッグフードを買うときにも、このドッグフードが本当に安全なのかどうか不安に思うことがあります。
値段の安いドッグフードなら手軽に買えるのですが、毎日与えるには愛犬の健康によくないのではないかと思います。
そんなとき一番いいのが、自分で手作りをしたドッグフードを愛犬に与えることです。

自分が食べるくらい安全性を考えた食事なら一番安心です。
また、愛犬の栄養のバランスも十分に考えた食事を作ることができます。
飼い主のあなたなら愛犬の健康状態を一番把握しているはずです。

少し元気がないときや病気になった愛犬だったら、愛犬が食べやすいような工夫をした手作りのドッグフードを与えることができます。
手作りのドッグフードを作るにあたって気をつけることがあります。
犬に与えてはいけない食材があるからです。

タマネギ類やイカやタコ、エビやカニなどです。
これらは消化されにくいということもありますし、塩分が濃いので与えすぎると病気になることもあります。
他に気をつけることは、タンパク質を人間が摂取する量よりも倍以上のものを与えるようにしてください。

タンパク質でも肉類の動物性のものが好ましいでしょう。
人間と違って犬は動物性のタンパク質を好みます。
倍以上といってもあまりたくさんの量を与えすぎるとよくないのはもちろんです。

野菜はビタミンやミネラルがきちんと含まれるものを与えてください。
こうして考えると手作りのドッグフードも毎日作るとなると大変です。
そんなときは、自分なりのレシピを作っておくと、手作りのドッグフードも簡単手軽に作ることができるでしょう。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.