総合栄養食

ウェットタイプのドッグフード

通常はドライタイプのドッグフードを与えることが多いと思います。
しかし、ドッグフードはそれだけではありません。
他にもいろいろな種類があります。

例えば、ウェットタイプのドッグフードです。
ウェットタイプは、その名の通り、水分がたくさん含まれています。
水分量の目安としては75%ほどになります。

水分量が多いということは、それだけ栄養素が少なくなっているということに注意してください。
残りの25%の中に愛犬に必要な栄養素が含まれていない場合もあります。
そのため、ウェットタイプのドッグフードは、愛犬に与える量を多くするなど、ドッグフードの与え方に少し気を使うようにしてください。

ウェットタイプのドッグフードは、開封しなければ大変保存性に優れたものです。
これはウェットタイプのドッグフードは、滅菌加工されて密閉されたものが販売されているからです。
そのため、一度開封してしまうと空気を含んでしまいます。

ウェットタイプのドッグフードは、早めに使い切るようにしなければなりません。
滅菌加工していないものには、注意が必要です。
酸化防止剤や防腐剤が含まれている場合は、愛犬の健康を害することがあります。

ウェットタイプのもので安い値段のものを買う場合は、内容物に気をつけて購入してください。
ウェットタイプは、生産の手間などもあり、値段が高いものが多くなっています。
さらに栄養分も少ないというところはデメリットかもしれません。

ドッグフードとしては、犬の最も好むタイプのものです。
通常の食事にはドライフードを与えながら、たまにウェットタイプを与えるなど、メリハリをつけたえさのやり方をしてみましょう。
毎日の食事にウェットタイプのものばかりを与えていると、あごが弱くなり歯石がたまりやすくなります。
逆に健康を害することもありますので、犬が喜ぶからといってウェットタイプばかり与えるのは控えておきましょう。
何事もバランスが大切だということです。

Copyright(C) 2013 犬にも健康に気を使った食事を All Rights Reserved.